スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2008年10月09日

J-REIT初の破綻 ニューシティ・レジデンス投資法人

J-REITで初の破綻が起きました。
ニューシティ・レジデンス投資法人が1123億円の負債総額を抱えての破綻です。
REITへの投資は、証券化された不動産を買うことで、現物不動産投資のリスク(火災や修繕費、空き部屋の対策等)を抑えることができ、また利回りが高い等言われてきましたが、これからはREITに関しては、その考え方を改めなければならいかも知れません。
昨年のサブプライム問題があきらかになるまでは、東証REIT指数が凄い勢いで上昇していたのが嘘のようです。
不動産バブルが弾けましたね。
金融安定化法案もさして効果がなく、世界の株式市場、為替市場は異常な事態となっています。
売りが売りを呼ぶ展開です。
しかし長期投資をしていくうえで、この金融危機は貴重な体験になると思います。
市場にとどまり、投資を継続していくことが 長期的な目標である資産形成にとって大切だと感じます。

スポンサーサイト

Posted at 23:25:02 | 株日記 | コ:1 | ト:0

2008年09月30日

金融安定化法案が否決 米国市場は過去最大の急落 アジア各国も

世界中の市場関係者、金融当局、金融機関が成立を期待していた金融安定化法案が米下院で否決されました。
それによるなパニック的な投げ売りでNY市場は過去最大の下げ幅を記録しました。
連鎖で日本を始めとするアジア各国の株式市場は暴落。
世界恐慌の始まりかもしれません。
もしかすると我々は歴史的な瞬間に遭遇しているのかもしれません。
1929年10月24日(木曜日)のニューヨーク、ウォール街の株式市場の大暴落(ブラック・サースデイ)に端を発した「世界大恐慌」の再来になるかもしれない事態です。
これまで書籍でしか知ることが出来なかった世界大恐慌。
長期投資をしていくうえで、このようなことは何度か遭遇することはあるでしょう。
しかし株式市場は過去幾多の大暴落を繰り返しながらも、成長、上昇を続けてきました。
歴史がそれを物語っています。
個人投資家最大の武器、それは時間です。
パニックにならずに自分のルールを守り、投資を継続可能なことが機関投資家との個人投資家の違いだと感じた日でした。

ソロスは警告する


Posted at 17:10:31 | 株日記 | コ:0 | ト:0

2008年02月24日

妻がイオンの株を買いたいと言ってきた

このブログでも何回か記事にしているとおり、妻は投資にはあまり興味がありません。
ガチガチの完本確保型です。
それでも投信の積み立てには理解をしてくれています。
さてその妻が「イオンの株っていくらくらいで買えるの?」と聞いてきました。
個別株投資をしていない私は即答できず、ネットで現在の株価を調べて教えると、なんでもママ友がイオンの株を持っていて株主優待サービスを受けているとのこと。
イオンオーナーズカードでのキャッシュバックやお客様感謝デーでの株主の特典など、普段の買い物は近所のジャスコを利用することが多い我が家にはメリットはありそうです。
そこで私が「イオンの株、買うお金あるの?」と聞くとどうやらあるようなのです。
へそくりか独身時代の貯蓄かわかりませんが。
優待のメリットを享受するには値動きに左右されずに長期保有するつもりです。
もしかしたら久々の個別株投資になるかもしれません。




Posted at 22:51:28 | 株日記 | コ:0 | ト:0

2007年11月12日

売りが売りを呼ぶ展開

週明けの日本市場は、年初来最安値を更新しました。
売りが売りを呼ぶ展開のようです。
それにしても日本株は、外的要因に敏感すぎる気がします。
長期投資家にとってはうれしいバーゲンセール状態が続いていますね。
ここで追加投資と生きたいところですが、慌てず毎月の積立だけで行くつもりです。
あまりに売られすぎの感があるので。
ここはさわかみファンドのごきげん買いに期待してます。




Posted at 17:30:15 | 株日記 | コ:0 | ト:0

2007年10月26日

トヨタFS証券 藤沢久美さんのマネーカイゼン計画復活

トヨタFS証券のサイトで楽しみにしていた「藤沢久美と藤井幹雄のマネーカイゼン計画」が更新されていました。
昨年末からしばらく更新されておらず、しばらく振りにログインしてみたら復活していました。
『マネープラス』編集長 荒木裕子氏、三菱UFJ証券株式会社 経済調査部チーフエコノミスト 水野 和夫氏、野村総合研究所 主席研究員チーフエコノミスト リチャード・クー氏の対談がUPされています。
過去の対談では山崎 元氏、澤上篤人氏など面白いトークがありますので、興味のある方は一度ご覧になってはいかがでしょうか。





Posted at 15:50:31 | 株日記 | コ:0 | ト:0

2006年12月22日

ジョインベスト証券が口座開設キャンペーン

ジョインベスト証券が口座開設キャンペーン及び口座開設紹介プログラムの実施を発表しました。
2006年12月22日から2007年3月30日までに口座を開設して1万円以上MRFを買い付けすると、該当金額をプレゼントするということです。
また口座開設紹介プログラムも実施とのこと。
やはり口座開設が伸び悩んでいるのでしょうね。
ただでさえ競争の激しいネット証券業界で、さらに後発という条件は厳しいのだと思います。
今やネット証券で手数料の値下げ競争は、各社ともかなり限界に来ているのではと感じています。
昨年のような個人の株式投資ブームはもうとっくに過ぎ去っています。
Eトレード証券、松井証券、マネックス証券、カブドットコム証券、楽天証券のネット証券大手も口座開設数が減少傾向です。
インデックス投資派としては、良質なインデックスファンド、海外ETF等の商品を取り扱っていれば、ジョインベストに口座を開設しても良いと思っているのですが。

Posted at 23:41:18 | 株日記 | コ:0 | ト:0

2006年11月22日

ライブドア 金融事業を売却

ライブドアがライブドア証券を含む金融事業を、投資会社アドバンテッジパートナーズに売却することを発表しました。
ライブドア証券の口座を持っているのですが、今後どうなってしまうのでしょうか?
口座自体は開設しているだけで、取引はしていないのですが。
それはさておき、アドバンテッジパートナーズへの売却額は約175億円とのことですが、これは安い買い物だったのではないかと思います。
投資ファンドは絶対利益を追求します。
投資先としての価値を見出しているのでしょう。
やはり金融事業は金のなる木なんでしょうね。

Posted at 22:15:14 | 株日記 | コ:0 | ト:0

Clips

楽天証券でグローバル投資

海外ETFで世界中に投資!

投信ならマネックス

投資信託ラインナップ充実!

逆指値、ツイン指値のマネックス

株の本はAmazon

ぜひ読みたい一冊

Amazonセレクション

トレイダーズ証券で口座開設

今注目の「外国為替証拠金取引」「日経225先物・オプション取引」は トレイダーズ証券で!

上田ハーローでFX

インターバンク直結の外為オンライントレード

FXプライム

伊藤忠商事の100%出資により設立された外国為替専門会社です。

『選べる外貨』誕生!

かざか証券 詳しくはこちら!

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

投資、株の本は楽天ブックスで!

FXはセントラル短資で

NTTグループのFX

FX online

FXCM

外国為替証拠金取引ならFXCMジャパンへ

本の定期購読はこちら

セブン&ワイ

書籍の定期購読もできますよ。

track word

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

tag

  • seo

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。