スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2006年10月31日

さわかみ投信のレポートを読んで

さわかみ投信から月次報告書がEメールで届きました。
月中月次レポートを読むと「10年先を考えてみよう」とありました。
このレポートでは早くに長期運用を始めた例が照会されていますが、やはり長期投資による複利のパワーは凄いと思いました。
また国や会社をあてにしない「自分年金」をつくるということにも共感を覚えました。
10年先のことは予測はつかないけれど、振り返ってみると自分では10年なんてあっという間に過ぎた感じがします。
このレポートに限らず、さわかみ投信レポートを読むと、目先の小さなことにとらわれず、10年~20年後のビジョンを想像することが出来て楽しくなってきます。
とうとうさわかみ信者になってしまったか?
スポンサーサイト

Posted at 21:56:11 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月30日

投資信託での運用の目的

投資信託を始めてから資産形成、運用について真剣に考えるようになりました。
というのも将来に対しての不安が大きい現在の社会では、妻や子供に(自分にも)経済的な余裕、つまり財産を残すことが出来ないのではないか、と思ったからです。
以前はまじめに働いていれば、終身雇用で失職することもまずありえませんでした。
年功序列賃金で、長く勤めるほど給料は右肩上がりで、住宅ローンを組んでも、安定した生活を送ることが出来た時代もありました。
しかし時代は変わり、成果主義の名の下に給料は上がるどころか、目減りしていく一方。そして将来の年金への不安。
自分自身で資産作りを早いうちから始めないとダメだと思いました。
しかし所詮はサラリーマンです。大きな財産はありません。
コツコツと預貯金で貯蓄しても、ゼロ金利では資産形成は無理です。
それで投資信託で長期運用することで、資産形成しようと考えを変えました。
よく言われるように、お金にも働いてもらおうという考え方です。
長期運用という目的が出来ると、不思議なことに気持ちに少し余裕ができるようになりました。

Posted at 22:38:44 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月27日

新生銀行 口座開設 

さわかみファンドのスポット購入用に、新生銀行の口座を開設しました。
新生銀行はインターネットでの振込、振替手数料が他行宛てでも、一ヶ月あたり5回まで無料です。
振込手数料がかかってしまうと、せっかくの販売手数料無料も台無しです。(スポット購入の場合、電話かFAXで申込みなので、通信料がかかりますが)
マネックス証券でインデックスファンドTSP、カブドットコム証券でステートストリート外国株式インデックス、ソニーバンクで中央三井外国債券インデックスファンドをコア投信として積み立てているので、さわかみファンドは当面スポット購入で行きます。

Posted at 21:43:41 | 日記 | コ:0 | ト:0

2006年10月26日

カブドットコム証券 投信ポータルページ新設

カブドットコム証券が投資信託の情報サービスを大幅に拡充するようです。
投信ポータルページ新設し、情報の提供がストックウェザーからモーニングスターに変更。
カブドットコム証券は投資信託に以前から力を入れていましたが、このところの投信ブームもあっての改正なのでしょう。
投信は証券会社にとっては、販売手数料、信託報酬等の手数料収入がおいしい商品です。
受益者はプロに運用を託す分コストがかかりますが、小額から分散投資ができるメリットがあります。
カブドットコム証券の投信ポータルページが、投信選びに役立つものであって欲しいのと、投信ラインナップの拡充を願います。

Posted at 21:15:41 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月25日

投信スーパーセンターの反響

10月23日に「投信スーパーセンター」がオープンしましたが、投資信託系のブログを見てみると、肯定的、否定的な意見が様々ですが、皆さんやはり注目しているようです。
個人的にちょっと残念なのは、インデックスファンドにも販売手数料がかかるものが多いと言うことです。
他の証券会社でノーロード販売しているインデックスファンドでも高いもので2%も販売手数料を取っています。
また検索しにくいのも難点だと思います。
ただ、他の証券会社では口数単位でしか購入できないファンドも金額指定で購入できたり、積み立て不可のファンドも積み立て可能であったりするので、その当たりはメリットかもしれません。

Posted at 22:38:31 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月24日

投信スーパーセンターvol3

昨日オープンした「投信スーパーセンター」ですが、今のところ興味があるファンドは「PRU海外債券マーケット・パフォーマー」です。
昨日の記事にも書きましたが「中央三井外国債券ファンド」よりもコストが低く、以前からネットで購入することが出来れば良いなと思っていたファンドです。
ただPRU海外債券マーケット・パフォーマーの購入の為だけに口座を開設する気は今のところありません。
またインデックス派としては少々期待はずれです。
しかしこれから投資信託で資産運用を始める方にとっては、分散投資のために口座を複数持つよりは「投信スーパーセンター」(日興コーディアル証券)の口座ひとつで良いかもしれません。
まだオープンしたばかりなので、これからの営業を見て行きたいと思います。

Posted at 22:19:15 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月23日

投信スーパーセンターvol2 口座について

投信スーパーセンターの口座開設サイトを見てみました。
やはり日興コーディアル証券日興イージートレードに定める規定に準ずる、と取扱規定に記載されていました。
そこで日興コーディアル証券の口座管理料を調べてみると、一定の要件を満たしている場合以外、国内株式、株式ミニ投資、るいとう、キンカブを保有していると3,150円(1年分)かかりますが、国内投資信託、国内債券の保有について、さらに電子交付サービスの申し込みを行うと口座管理料はかからないそうです。
今のところ口座開設する気はないですが、コストを抑える投資をしているので、口座管理料は気になります。

Posted at 12:25:25 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月23日

投信スーパーセンターvol1 PRU海外債券マーケット・パフォーマー

投信スーパーセンターがオープンしました。
早速、取扱ファンドを検索してみました。
以前からネット販売してくれないかな、と思っていた、
PRU海外債券マーケット・パフォーマー」がありました。
積み立て可能で、販売手数料が0.84%(1000万円未満)、信託報酬が年率0.6825%(税込)とソニーバンクで積立している「中央三井外国債券インデックスファンド」よりもコストが安い。
PRU海外債券マーケット・パフォーマーのほうは過去5年分配金を出しておらず、複利効果も良いです。
まだ、投信スーパーセンターをちょっと覗いて見ただけなのですが、取扱ファンドやその他の情報がどんなものか興味津々です。

Posted at 11:59:22 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月20日

同僚もさわかみファンドに投資

会社の同僚がさわかみファンドで資産運用しています。
昼休みに「さわかみファンド始めることにしたよ。」となにげなく話をしたら、同僚が「3年位さわかみファンドを積立購入しているよ。」とのこと。
毎月の積み立てとボーナス等でスポット購入しているそうです。
もともとウマがタイプなのでいろんなことを話したりしていたのですが、投資信託をしていたとは知りませんでした。
子供の学資の為にコツコツと積み立てているとのこと。
投資を始めるには早いほうが良いと感じた日でした。

Posted at 22:07:54 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月19日

さわかみ投信と新生銀行に申し込み

さわかみ投信に口座開設の申し込みをしました。
投資信託に興味を持ち出してから「さわかみファンド」には関心を持っていましたが、積み立て以外は電話かFAXでの申し込みなのが少しネックになっていました。
しかし澤上氏の著書を読んだり、長期投資の哲学がブレない事等を考慮して、ここに運用を任せようと決めました。
さわかみファンドは直販で、指定銀行に振り込む際の料金は本人負担なので、月5回まで振り込み手数料無料の新生銀行の口座開設も同時にしました。
とりあえずスポット購入から始めようと思っています。

Posted at 21:40:18 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月18日

敗者のゲーム 投資の本

運用哲学の古典「敗者のゲーム」(チャールズ・エリス著)を買いました。
資産運用されている方にとっては、読まれている方も多いと思います。
まだ買ったばかりなので、少ししか読んでいないのですが、おススメの一冊です。
投資、資産運用は奥が深い。

Posted at 22:05:59 | 日記 | コ:0 | ト:0

2006年10月17日

HSBCインドオープン

ちょっとした臨時収入があったので、興味があった「HSBCインドオープン」を購入しようと思っています。
国内株式、外国株式、外国債券のインデックスファンドを積み立ていますが、おこづかいが入った時は、お遊び感覚でエマージングファンドをちょこちょこ買っています。
HSBCインドオープンを選んだのは、HSBCグループがエマージング諸国に特化して運用しているからです。
インドをはじめ、いわゆるBRICs諸国に強みを持っています。
投資関係の書籍にもよく書いてあるように、非効率な市場にはアクティブ運用が向いていると言われています。
特にインドは情報が少ないだけに、ファンドマネージャーに運用を任せるアクティブファンドが向いています。

Posted at 21:18:28 | 日記 | コ:0 | ト:0

2006年10月16日

楽天証券 口座開設

楽天証券の口座を開設しました。
口座開設ポイント増量キャンペーンにつられての開設です。
10月31日まで資料請求して、11月30日まで口座開設し、MRFを5万円以上買い付けすると「楽天証券ポイント」が通常の1,5倍の3,000ポイントがもらえると言うものです。
楽天証券ポイントは楽天スーパーポイントに交換可能です。
ポイント交換して投資関係の本を楽天ブックスで購入しようという考えです。
それと口座開設後3カ月間に限り1日の約定代金合計が20万円までなら、手数料が無料になるのも魅力です。ETFの購入をしたいですね。
あとは定評のあるマーケットスピードを使ってみたいという事も開設の理由のひとつです。

Posted at 22:28:26 | 株日記 | コ:0 | ト:0

2006年10月13日

郵便局の投資信託

やはり現在、投信ブームなのでしょうか?
というのも、実家で郵便局の投信を買ったというのです。
定額貯金の満期が来たので解約をするために郵便局へ行ったら、投信を勧めてきたそうです。
今まで、株や投資信託など買ったことがなかった両親なので、ちょっとびっくりしました。
野村世界6資産分散投信の分配コースを買ったということです。
営業トークにのせられたのかと思い、きちんとリスクについて説明を受けたか聞いてみましたが、長すぎるくらいリスクや預貯金とは違うことなどを説明を受けて、納得して買ったと言ってました。
貯蓄から投資への流れが身近で感じられました。
やはり年配者にとっては郵便局ブランド(といっても商品は他社ですが)は強いのだなと改めて思います。

Posted at 22:35:55 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月12日

ファンドマネージャーの顔

マネープラスの今月号の特集は投資信託の特集です。
「5年後・大差で増える{投資信託}教えます。」というタイトルです。
普段あまりメディア等で顔を見ることの無い(自分だけかな?)
ファンドマネージャーの顔写真つきです。
興銀第一ライフ・アセットマネジメントの坪田好人氏、レオス・キャピタルワークスの藤野英人氏、ファンドクリエーション投信投資顧問の黒田 毅氏が運用のこと等を語っています。
このようにファンドマネージャーのことが少しでもわかると、そのファンドの運用方針や、会社の概要がつかみやすく、透明性も上がると思います。
そして後半は「さわかみファンド」特集です。
ご存知、澤上篤人氏率いる「さわかみファンド」の運用方針、ファンド立ち上げの1999年から2006年までの騰落率や、組み入れ銘柄、基準価額の推移が掲載されています。
さわかみファンドに投資したいと常々思いつつも、なかなか踏み切れないでいます。
しかし澤上氏の長期投資の運用スタイルにはいつも共感しています。

Posted at 22:07:12 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月11日

NY株 最高値更新

ニューヨーク市場が今月5日につけた最高値を更新しました。
ダウ工業株30種平均、ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数いずれも高値で終えました。
一方、東京株式市場は日経平均、TOPIXともに反落。
16,500円台をなかなか越えられないようです
これを抜けることが出来れば、春先につけた17,000円台も見えてくると思うのですが。
NY市場が上がれば東京市場も上がって、NYが下がれば、東京も下がるといった連鎖性はこのところあまりないようです。
これから始まる日米両国の主要企業の中間決算次第でしょうか。

Posted at 22:26:25 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月10日

投信スーパーセンター覗いてみました

投信スーパーセンターのサイトを覗いてみました。
注目したいのが「投信つみたてサービス」が約350銘柄もあることです。
毎月コツコツと資産形成していく場合、選択肢が広がりますね。
オープン時に約50の運用会社のファンドを揃えるということです。
今まで購入出来なかった証券会社取扱のファンドがあるかもしれません。
10月23日のオープンが楽しみです。

Posted at 21:25:04 | 投資信託 | コ:0 | ト:1

2006年10月06日

郵便局の投信販売 ノルマ達成のために苦情も

asahi.comによると、郵便局の投資信託販売で、ノルマ達成のために顧客から苦情が増えているということです。
記事によると投資信託の販売について、「値下がりすることはない」、「ノルマがあるために買って欲しい」など無理な販売が増加していると言う。
自分の予想していたことが現実になりました。
「証券外務員」の資格がないと、投資信託を販売、取り扱いができません。
郵便局の投信のセールスマンは「証券外務員」の資格はもちろんを持っているでしょう。
証券外務員は「投資信託は預貯金ではないこと」、「元本割れのリスクを伴うこと」等を顧客に充分に説明しなければなりません。
民営化を来年に控えて、投信の手数料収入をメインにしていこうと郵政公社は考えているのは明らか。
去年の郵政民営化に関する国会質疑である議員が、「郵便局員はノルマを達成するために無理な販売や、自爆と称して郵便局員自身が自腹で切手の購入、簡易保険に加入している」と言っていたことを思い出しました。
あきれたことに投信を取り扱っていない郵便局にも、顧客紹介のノルマを課しているということです。
投信販売は広告等についても厳しい規制があったはずです。
金融庁は、郵政公社には厳しい処分をしていただきたい。

Posted at 22:34:20 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月05日

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド

自分が保有しているファンドで、もっとも安定したパフォーマンスを発揮しているのが
「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」
です。
バンガード社が設定した4本のインデックスファンドに投資するファンドオブファンズ形式で運用するファンドです。
日本ではマネックス証券、トヨタFS証券でノーロードで販売されています。
ファンドオブファンズということで信託報酬が1.3%と高めなのが気になりましたが、米国株式に65%、欧州株式に30%、エマージング株式に5%の配分が良いのかもしれません。
このファンドはマネックス証券で、スポット購入しているのですが、もう少しポートフォリオの比率を高めても良いかなと考えています。
このところ米国株式市場が絶好調なのですが、下落した時にうまく購入したいと思います。

Posted at 22:41:42 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2006年10月04日

投資信託500本 日興、ネット販売へ

NIKKEI NETによると日興コーディアルグループが、投資信託をネット上で国内最多の500本を販売するそうです。
日興アセット以外の運用会社の投信も販売し、今月下旬から専用サイトが稼動すると言うことです。
500本のファンドがどんなラインナップになるのか非常に楽しみです。
もしかするとこの「投信のスーパーマーケット」1店だけで欲しいファンドがほとんど買えるのでは。
検索するのも大変そうです。
販売手数料等どうなるのかわかりませんが、専用サイトで販売し、あえて日興の名をはずしての戦略なので興味深いです。

Posted at 21:08:20 | 日記 | コ:0 | ト:0

Clips

楽天証券でグローバル投資

海外ETFで世界中に投資!

投信ならマネックス

投資信託ラインナップ充実!

逆指値、ツイン指値のマネックス

株の本はAmazon

ぜひ読みたい一冊

Amazonセレクション

トレイダーズ証券で口座開設

今注目の「外国為替証拠金取引」「日経225先物・オプション取引」は トレイダーズ証券で!

上田ハーローでFX

インターバンク直結の外為オンライントレード

FXプライム

伊藤忠商事の100%出資により設立された外国為替専門会社です。

『選べる外貨』誕生!

かざか証券 詳しくはこちら!

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

投資、株の本は楽天ブックスで!

FXはセントラル短資で

NTTグループのFX

FX online

FXCM

外国為替証拠金取引ならFXCMジャパンへ

本の定期購読はこちら

セブン&ワイ

書籍の定期購読もできますよ。

track word

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

tag

  • seo

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。