スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2007年02月28日

大幅下落 買いのチャンス

中国から発した株安が東京市場を襲いました。
一般紙の夕刊でも世界同時株安と一面に取り上げられています。
このところ日本市場が上昇傾向だったので、少し調整が入るといいなと思っていたら予想以上の下げ幅でした。
でも相場の下落は投資のチャンスでもあります。
明日の相場がどうなるのか分かりませんが、とりあえずインデックスファンドTSP、ステート・ストリート外国株式インデックスの買い注文を出しました。
長期投資には下落相場も上昇相場もつきものです。
淡々と愚直に投資していくスタンスです。
マーケットに居続けることが大事だと考えています。
スポンサーサイト

Posted at 21:38:08 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2007年02月26日

セゾン投信 口座開設キット到着

セゾン投信の口座開設キットが到着しました。
早速開設の申込みと定期積み立ての申込みをしました。
積み立て購入するのは「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」です。
とりあえず口座開設だけでもしておこうと、開設キットをとりよせてセゾン・バンガードの資料とにらめっこしていると、妻が横から「給与天引きにしたら」の一言。
それを待っていたんです!
実は保険の見直しをして、毎月の保険料をかなり節約することができ、その分を定期預金など貯蓄に回していたのですが、一部をセゾン・バンガードに投資することにしました。
最近、妻も投資信託に理解を示してくれるようになり、今回の一件はスムーズに進みました。
生活防衛資金を確保していることも、投資への理解に繋がっているんだと思います。
とりあえずセゾン・バンガードは小額を積み立てていきながら、様子を見ていくつもりです。

Posted at 21:33:10 | 投資信託 | コ:0 | ト:1

2007年02月23日

セゾン投信始動!

もう既に数々の投資信託ブログで取り上げられて、反響を呼んでいる「セゾン投信」が動き出しました。
セゾン・バンガードグローバルファンドに続き、2本目のファンド「セゾン資産形成の達人ファンド」の詳細が発表されました。
当初の予想通り「さわかみファンド」が組み入れられたFOFです。
設定当初はさわかみの他「ジャパン・ストック・インデックス・ファンド」の2本のファンドでスタートし、順次ファンドを組み入れていくそうです。
はっきり行って期待はずれの一言に尽きます。
このセゾン資産形成の達人ファンドを購入するのであれば、さわかみファンドと、日本株インデックスファンドをそれぞれ購入すれば良いのであって、メリットは無いと言えるでしょう。
あえてメリットをあげるとしたら、定期定額購入だと5,000円から購入できること位です。
いずれ準備が整い次第、「あっと驚くファンド」を組み入れていくそうですが、どんなファンドになるのかわからないものに投資は出来ません。
「セゾン・バンガードグローバルファンド」が良かっただけに個人的には残念です。
でもとりあえず口座の開設だけはしますが。

Posted at 23:23:32 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2007年02月22日

DIAMワールド・リート・インカム・オープン

DIAMワールド・リート・インカム・オープン(世界家主倶楽部)を小額購入しました。
そもそもREITは投資対象には組み入れるつもりは無いのですが、REIT市場の値動きに興味があったので購入しました。
イー・トレード証券ではノーロードで購入できます。
同じDIAMのREITファンドで、郵貯のDIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)もありますが、ノーロードの世界家主倶楽部の方にしました。
REITについては、ポートフォリオの一角というよりも、お楽しみとして保有するつもりです。

Posted at 23:18:33 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2007年02月21日

「最強ヘッジファンドLTCM」の興亡を読みました。

「最強ヘッジファンドLTCMの興亡」を読みました。
投資関係の書籍には必ずと言ってよいほどLTCMの破綻のことが載っていますが、この本を読むとその事件の関係者や、それらに関わった人々の葛藤などが記されています。
読み応え十分の一冊です。
LTCM創業前やその当時の金融システム、トレーダー達の考え方や歴史を知ることで、投資についての教訓を得ることが出来ると思います。

Posted at 23:00:18 | 日記 | コ:0 | ト:2

2007年02月20日

ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン

カブドットコム証券で積み立てしている
「ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン」の第8期運用報告書が届きました。
ご存知のとおり、このファンドはMSCIコクサイ指数に連動する外国株式インデックスファンドです。
あらためて世界の主要国に広く分散投資されれていることを認識しました。
ポートフォリオの外国株式の比率を高めていく方針でいるので、積立額を増やす計画です。
本音はMSCIコクサイ指数に連動するETFがあればそれを購入したいのですが。
早く世界各国のETFが購入できるようになれば良いと思います。

Posted at 21:59:14 | 投資信託 | コ:0 | ト:1

2007年02月19日

セゾン投信 資料請求しました。

この週末、投資関係のブログは「セゾン投信」の話題で持ちきりです。
昨日早速資料請求しました。
セゾン・バンガードファンドのアセットアロケーションは個人的には良いと思っています。
今から投資を始める人は、このファンド1本でも良いかなとも思います。
同じバランス型ファンドの「マネックス資産設計ファンド」と比較すると、海外資産の比率が高いので為替リスクが高くなりますが、それでも僕はセゾン・バンガードを選択します。
この週末は口座開設キットの申込みが殺到しているのではないかと思います。
それだけインパクトのあるニュースでした。
5,000円から投資できるそうなので、妻名義でも資料請求しました。
妻の眠れる資産?を投資へ導くチャンスです。

Posted at 22:23:51 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2007年02月16日

HSBC HSBCロシアオープンを販売

HSBCが日本初のロシア株式ファンドを設定のニュースを見ました。
BRICs諸国では、HSBCがすでにHSBCインドオープン、HSBCチャイナオープン、HSBCブラジルオープンを設定していますが、ロシアは設定されていませんでした。
ご存知のとおりロシアは天然資源埋蔵量が豊富で、石油、天然ガスの輸出で大幅な貿易黒字をだしています。
エマージング諸国に強いHSBCが日本最初のロシアファンドを設定したのは自然な流れでしょう。
ネット専業証券では楽天証券、マネックス証券が販売します。
募集開始は3月5日からです。
販売が好調であれば、HSBCに続いて他の投信会社もロシアファンドの設定が相次ぐと思われます。
個人的にはエマージングファンドに特化しているHSBCの強みが発揮されると思います。

Posted at 22:56:50 | 投資信託 | コ:0 | ト:1

2007年02月15日

丸三証券 即時入金サービス開始

丸三証券が即時入金サービスを開始します。
やっと即時入金に対応したか、と言った感じです。
丸三証券の口座は個別株投資をしていた時期に作りましたが、インデックス投資に切り替えてからは休眠口座になっていました。
その丸三証券を活用するきっかけになったのがETFの購入です。
20万円以下は手数料無料なので、1306TOPIX ETFを一単元(100株)は購入手数料は0円です。
相場の下落を待って購入しようとしているのですが、このところ日本株は好調です。
積み立て投資しているファンドの値上がりはうれしいのですが、ちょっと複雑な気分です。
いずれは調整が入るとは思うのですが、機会損失というリスクもありえます。
でもやっぱり安く買えるまで待とうと思います。

Posted at 19:39:49 | 日記 | コ:0 | ト:0

2007年02月13日

インデックスファンド 市場全体を買う

この3連休は読書にふけっていました。
これまでに読んだ投資関係の本を読み直してみましたが、結局行き着くところはパッシブ運用になる、ということを改めて感じました。
モダンポートフォリオ理論にしたがっていくと、インデックスファンドで市場全体を買うことが最善な投資方法だということです。
更に突き詰めていくと、世界の株式市場の全時価総額の比率でポートフォリオを組むことで、世界のマーケットに投資することができます。
現状として自分のポートフォリオは、日本市場(TOPIX)の比率が世界市場(MSCI-Kokusai)とほぼ半分です。
これからは世界市場の比率を高めていこうかと思っています。

Posted at 22:58:17 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2007年02月09日

TOPIXETF用口座 丸三証券

昨日マネックスナイターでTOPIX連動型上場投資信(1306)を注文しましたが、またもや約定できませんでした。
そんなに1306が欲しければわざわざマネナイで買わなくても、と思っている方もいらっしゃるでしょうが、マネックス証券は手数料が高いため(他のネット証券に比べて)なるべくコストをかけずに購入するには、マネナイが一番だからです。(3月末まで手数料0円キャンペーン中)
更に貸し株サービスが利用できること、インデックスファンドTSPの積み立て金額がETFにスイッチング可能な金額になっていることも理由です。
そこで、ETF購入用に休眠口座になっている丸三証券を活用することにしました。
ご存知のとおり、丸三証券は20万円以下は手数料無料なので、TOPIX連動型上場投資信(1306)は現在の価格では一単元(100株)は手数料0円で購入できます。
ETF購入用資金を丸三証券に移して、TOPIXが下がるタイミングを待つ戦略に切り替えます。(戦略と呼べるほどのことではないですけど・・・)

Posted at 23:04:09 | 投資信託 | コ:0 | ト:2

2007年02月08日

マネックスナイターで再びETF

マネナイでTOPIX連動型上場投資信託(1306)を買い注文しました。
先日1306を注文しましたが、出来高が少なく約定できませんでした。
今日TOPIXが下がったので、帰宅後早々にマネックスナイターへログインし、1306を注文しましたが取引成立ランキング外でした。
5分おきにランキングが更新されますが、時間を追うごとに取引成立ランキングがUP。
今日は1306が買えるといいな。

Posted at 22:16:00 | 投資信託 | コ:0 | ト:1

2007年02月06日

マネックスナイター ETF約定できず

昨日、日本市場が大幅下落したので、これはチャンスとばかりマネックスナイターでTOPIX連動上場投信(1306)の買い注文をだしました。
3月末までマネックスナイターは手数料無料キャンペーンをしているし(通常は500円)株価の下落を待っていたので、帰宅後早速買い注文を入れました。
しかし結果は約定できませんでした。
帰宅が遅いとマネナイは不利ですね。
しかし原則、当日の取引所終値を基準値とする一本値なので、大きく下落した日はチャンスなのです。
3月末のキャンペーン終了までには何度か調整があると考えられるので、機会を待ちます。

Posted at 22:14:26 | 投資信託 | コ:0 | ト:1

2007年02月05日

ジョインベスト証券 手数料値下げへ

ジョインベスト証券が基本手数料(現物・信用とも)を3月1日(木)より値下げすると発表がありました。
投資信託の開始に続いて、手数料の値下げです。
そのほか口座開設キャンペーンを3月30日まで行っています。
野村グループが本気を出してきた感じです。
ジョインベストの口座は持っているのですが、今のところ休眠口座になっています。
東証に期待していた海外ETF(株式指数連動)が不発に終わりましたが、ジョインベストさん、少し期待してますよ。

Posted at 21:39:04 | 日記 | コ:0 | ト:0

2007年02月02日

インデックスファンドの時代

インデックス・ファンドの時代(ジョン・C・ボーグル著)を読み直しました。
ジョン・C・ボーグルはご存知のとおりバンガード・グループの創始者で、インデックスファンドの生みの親とも言えるべき存在です。
最近、セゾン投信や海外ETFの話題が盛り上がりつつあるなか、元祖インデックスファンドとも言えるバンガードについて、改めて考えてみようと思ったのがきっかけです。
本書は米国市場における投資を中心に書いてありますが、長期投資の本質はどの国の市場でも同じだと思いました。
分厚い本ですが、長期投資の本質が書かれている良書です。

  

Posted at 23:20:36 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2007年02月01日

ジョインベスト証券 投信取扱スタート

ジョインベスト証券が2月25日より投資信託の取扱を開始します。
野村證券グループとして鳴り物入りでスタートしましたが、口座開設数が予想よりも低調でした。
投資信託の取扱は当初から予定されていましたが、最近の投資信託ブームの影響もあると思われます。
160本のファンドを取り扱いますが、野村専用ファンド33本を用意しています。
インデックス投資家の端くれとして気になるのが、インデックスファンドの取扱です。
野村専用ファンドでは、業種別インデックス・セレクト・ファンドが、取扱ファンド全体では、野村アセットマネジメントのトピックス・インデックス・オープン、DIAMの日経225ノーロードオープン、ニッセイアセットマネジメントのニッセイTOPIXオープン、DKAのDKA株式インデックスF225がラインナップされています。
アクティブファンドでは、モーニングスターファンド オブ ザ イヤー 2006で最優秀ファンド賞に選ばれたアクティブバリューオープン(アクシア)があります。
どのファンドが対象かまだ詳細は分かりませんが、ノーロードファンドは21銘柄を予定しているそうです。
海外株式、債券、エマージング株式、債券やREIT、ヘッジファンド、コモディティとラインナップは豊富です。
正直これといったファンドは特に見当たりませんが、ジョインベストの口座を持っているので注視していきたいと思っています。

Posted at 22:45:10 | 投資信託 | コ:0 | ト:1

Clips

楽天証券でグローバル投資

海外ETFで世界中に投資!

投信ならマネックス

投資信託ラインナップ充実!

逆指値、ツイン指値のマネックス

株の本はAmazon

ぜひ読みたい一冊

Amazonセレクション

トレイダーズ証券で口座開設

今注目の「外国為替証拠金取引」「日経225先物・オプション取引」は トレイダーズ証券で!

上田ハーローでFX

インターバンク直結の外為オンライントレード

FXプライム

伊藤忠商事の100%出資により設立された外国為替専門会社です。

『選べる外貨』誕生!

かざか証券 詳しくはこちら!

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

投資、株の本は楽天ブックスで!

FXはセントラル短資で

NTTグループのFX

FX online

FXCM

外国為替証拠金取引ならFXCMジャパンへ

本の定期購読はこちら

セブン&ワイ

書籍の定期購読もできますよ。

track word

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

tag

  • seo

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。