スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2008年02月29日

イオン株を買うことに

妻がイオンの株を買いたいと言ってきたという記事を書いたのですが、購入することにしました。
イオンオーナーズカードの株主の特典、株主優待目当ての購入です。
家計簿から算出してみると、イオン株を持っていたほうが我が家にとってはメリットがあることがはっきりしたため購入に踏み切りました。
購入資金は株価暴落時の緊急購入用に用意してある証券口座のMRFです。
最近は株価下落にも慣れてしまい、追加購入もあまりしなくなったのでそれを有効に活用します。
優待目当ての株式投資なのですが、現在の生活が変わらない限り長期保有する株になると思います。
株式投資は儲けることも大事ですが、我が家のようなこんな投資もありかな、と思います。



スポンサーサイト

Posted at 00:05:26 | | コ:0 | ト:0

2008年02月26日

日経ヴェリタスを購読することにしました。

日経ヴェリタスを購読することにしました。
日経ヴェリタスonlineを閲覧しているのですが、記事の内容も定期購読するに値する内容なので申込みをしました。
とりあえず10週間の申込みです。
1部500円と微妙に高い値段ですが、読者限定のウェブサイトを設けるということなのでちょっと試しにといった感じです。
マネー雑誌も毎年同じ記事の繰り返しで飽きているので、日経ヴェリタスにはちょっと期待しています。

Posted at 22:34:50 | 投資関係書籍 | コ:0 | ト:0

2008年02月25日

楽天証券 最近お気に入りの証券会社・2

私のお気に入り証券会社でフィデリティ証券を記事にしましたが、楽天証券もお気に入り証券会社のひとつです。
お気に入りになった要因はやはり海外ETFの導入です。
昨年は海外ETF元年とも言える年でしたが、そのパイオニアが楽天証券です。
インデックス投資家が待ち望んでいた低コストなグローバル投資を実現させてくれました。
もっとも海外ETFを導入するまでは、私の中ではプライオリティの低い存在でした。
というのもそもそも楽天ポイントのために開いた口座だったからです。
投信も口数単位の買い付けのものが多く、分配金も受取のみが多かった記憶があります。
個別株も他の証券会社で取引していたので、ただ持っているだけの口座でした。
それが今ではインデックス投資には欠かせない証券会社になっています。
投信についても投信スーパーステーションと命名してラインナップの拡充、投信積立はまだ準備段階ですが、取扱いファンド数ランキングでは投信スーパーセンター、SBIイートレード証券に次ぐ3位につけています。
少し前まではマネックス証券がメイン口座でしたが、海外ETFを楽天証券で購入したので、資産残高では一番になっています。
SBIイートレードも海外ETFでは頑張っていますが、楽天証券がさきがけとなって走っています。
これからも期待したい証券会社です。



Posted at 23:04:55 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月24日

妻がイオンの株を買いたいと言ってきた

このブログでも何回か記事にしているとおり、妻は投資にはあまり興味がありません。
ガチガチの完本確保型です。
それでも投信の積み立てには理解をしてくれています。
さてその妻が「イオンの株っていくらくらいで買えるの?」と聞いてきました。
個別株投資をしていない私は即答できず、ネットで現在の株価を調べて教えると、なんでもママ友がイオンの株を持っていて株主優待サービスを受けているとのこと。
イオンオーナーズカードでのキャッシュバックやお客様感謝デーでの株主の特典など、普段の買い物は近所のジャスコを利用することが多い我が家にはメリットはありそうです。
そこで私が「イオンの株、買うお金あるの?」と聞くとどうやらあるようなのです。
へそくりか独身時代の貯蓄かわかりませんが。
優待のメリットを享受するには値動きに左右されずに長期保有するつもりです。
もしかしたら久々の個別株投資になるかもしれません。




Posted at 22:51:28 | 株日記 | コ:0 | ト:0

2008年02月22日

フィデリティ 最近お気に入りの証券会社

いくつか証券口座を持っていますが、最近お気に入りなのはフィデリティ証券です。
最近になって株式取引サービスを開始しましたが、ファンド積立のステップ・BUY・ステップなど投信に特化した証券会社です。
フィデリティの運用哲学はボトムアップアプローチ。
世界各国にファンドマネージャー、アナリストを配置して運用や分析を行っています。
私がどうしてお気に入りかというとFidelity World Fundsという外国籍ファンドを販売しているからです。
以前は販売手数料を取っていましたが、現在はノーロード化しています。
今後フィデリティに望むことはスパルタンシリーズの日本での販売です。
アメリカではスパルタンと呼ばれるインデックスファンドを販売していますが、日本ではアクティブファンドが主です。
あのバンガードグループも日本では、セゾン・バンガードやトヨタアセット・バンガードというように間接的な販売方法です。
ビジネス的にペイしないなどいろいろな理由があるのでしょうが、日本でもインデックス投資の風土が築きつつあります。
スパルタンシリーズの上陸を強く希望したいところです。

Posted at 23:39:05 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月21日

個人向け国債

個人向け国債が3月6日から募集を開始します。
いつものことながら変動10年を購入します。
私のポートフォリオではディフェンシブセクターに位置づけています。
もっと言えば預貯金に感覚で購入しています。
ゼロ金利政策が解除されてもいまだに低金利ですが、信託報酬がかかる国内債券ファンドより有利です。
山崎元さんが機関投資家が買うことが出来れば飛びついて買うと著書でも述べているように、債券に投資するには良い商品だと私も思います。


Posted at 23:29:26 | 国債 | コ:0 | ト:0

2008年02月20日

ネット証券口座のID パスワード もしもの時に

ネット専業証券会社で取引されている皆さん、資産を運用している自分が、事故や病気でもしもの時に奥さんやご家族が口座番号やID,パスワードが判るようになっていますか?
自分は妻に教えています。
きっかけは昨年暮れに病気入院したときに、もし状態が悪くなってしまって、運用している投資信託やETFを家族に知らせることが出来なくなったらどうしようと思ったからです。
対面販売の証券会社や銀行などは証書等の形で残りますが、ネット証券だと口座にログインしなければわからないですよね。
こまめに口座開設の案内や年間取引報告書等をファイリングしていれば、残された家族もわかるかもしれませんが。
幸い命に関わるほどの病気ではなかったのですが、入院中は何かと不安になるものです。
ご家族がインターネットを使いこなせることが出来ればなんとかなりますが、うちの妻はネットはもちろんPCも満足に使えません。
退院後はきれいにネット証券の関係書類をファイリングして、ID、パスワードを妻に教えました。
将来の生活を支えるために運用している資産ですから、大切にしなければならないと考えさせられた入院生活でした。

Posted at 20:36:48 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月19日

北村慶氏の大人の投資入門は絶対おススメ

北村慶氏の大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法を読み終えました。
一言で言えば絶対おススメの一冊です。
読めば投信関係の方々のブログでも推奨されている理由がわかります。
北村氏の著作貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵は私が感銘を受けた名著ですが、その内容をグレードアップしています。
本書では「あえて”フリーライダー”になろう」という章がありますが、端的に言えばここに書かれている内容がこの本の内容を表していると思います。
資産形成をこれから目指す人、又現在実践している人も含めてぜひ手元においておきたい一冊であることは間違いないです。
            

Posted at 21:48:58 | 投資関係書籍 | コ:0 | ト:0

2008年02月18日

外国債券ファンドのふんばり

サブプライム問題などの不安定な金融事情のなかで、外国債券ファンドが頑張っています。
私のポートフォリオでは積立を停止している「中央三井外国債券インデックスファンド」が運用成績がプラスになっています。
ソニーバンクに久しぶりにログインして気づきました。
債券投資の手堅さを再認識しました。

Posted at 21:53:52 | 投資信託 | コ:0 | ト:1

2008年02月17日

生保・損保会社系の投資信託

暇だったので普段余り気にかけていない生保・損保会社が取り扱っている投資信託を投資信託ネットより検索してみました。
保険会社はその名のとおり生命保険、変額個人年金の販売がメインですが、意外に多くの投信を取り揃えています。
第一生命はDIAM世界6資産バランスファンド、DIAMワールド・リート・インカム・オープンなど系列のDIAMアセットマネジメントの投信をメインに、バランス型、国内株式、国内債券、外国株式、外国債券と種類も豊富です。
朝日生命も朝日ライフアセットマネジメントの投信を取り揃えています。
朝日Nvestグローバルバリュー株オープン(Avest-E)や日経225連動型インデックスの朝日ライフ日経平均ファンド等を取り扱っています。
三井生命は三井住友、中央三井、日興、ゴールドマンサックス、ピクテ、JPモルガン、HSBCなど幅広く、トヨタFS証券でしか扱っていないと思っていたトヨタグループ株式ファンドもあります。
明治安田生命は明治ドレスナー・アセットマネジメントの商品を主に国内株式、国内債券、外国株式、外国債券、バランス型のインデックスファンド・アクティブファンドを扱っています。
保険会社で投信を買うという概念が無かったので少し驚きました。
手数料を稼ぐことが出来る投信をしっかりと販売しているんですね。



Posted at 22:50:03 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月16日

FWF エマージング・マーケット・ファンド

エマージング諸国への株式投資は中国、インドのアクティブファンドを海外ETFのEEMへ乗換えをしました。
現在はフィデリティの「FWF エマージング・マーケット・ファンド」 をEEMへのリレー投資用ファンドにしています。
ノーロード、信託財産留保額なしでアクティブファンドのなかでは現在お気に入りのファンドです。
ちなみにフィデリティ専用ファンドで外国籍なのでモーニングスターで検索しても見つけられず、つい最近までこのファンドの存在を恥ずかしながら知りませんでした。

Posted at 21:14:09 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月14日

カブドットコム証券 貸株サービスを開始 スーパー証券口座誕生キャンペーン

カブドットコム証券が貸し株サービスを開始するようです。
年率0.50%というのでマネックス証券の貸し株サービスよりも高いですね。
ちなみにマネックスは現在0.26~0.33%(年利換算)です。(マネックス証券WEBサイトより)
私はマネックス証券で1306ETFを貸し株にしていますが、ちょっと魅力に感じます。
貸し株の金利で実質信託報酬を低く抑える効果があるので、少しでも金利が高い方が有利です。
競争原理が働いて他の証券会社もこれに追随していけば顧客の立場からするとうれしいですね。

Posted at 20:55:19 | 金融 | コ:2 | ト:0

2008年02月13日

ウォーレン・バフェット氏が動いた

あのウォーレン・バフェット氏がいよいよ表舞台に躍り出てきました。
NIKKEI NETなどの報道によるとモノライン問題に対し救済案を提案したことが明らかになり、市場心理が好転したということです。
実際にダウ工業株30種平均は大幅に続伸したし、為替市場にもインパクトを与えました。
この存在感は偉大だと感心しました。
あのLTCMの破綻時にも世界に名だたる投資銀行がバフェット氏に救済を求めたといいます。
オマハの賢人ここにありといったところです。

Posted at 19:44:19 | 日記 | コ:1 | ト:0

2008年02月12日

投資信託運用会社も携帯から基準価額情報

投資信託運用会社の携帯サイトから基準価額情報、分配金・償還金情報等を調べることができるサービスがあったのを最近知りました。
中央三井アセットマネジメント、三菱UFJ投信、日興アセットマネジメント、野村アセットマネジメント、みずほ投信投資顧問などが携帯サイトで基準価額の情報を得ることが出来るようです。
私は毎日基準価額をチェックしないので、あまり利用はしないと思いますが外出先でちょっと自分の保有している投信の値動きを調べてみたい時は便利なツールだと思います

Posted at 21:23:51 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月11日

投資信託は身近な金融商品になったのか?

最近こんなやりとりを耳にしました。
職場の近くの蕎麦屋で昼食をとっていると、近くに4人の50代くらいのサラリーマン風の人たちが投資信託のことを話していました。

ちょうどNHKで株と為替の動きを伝えるニュースが流れていたのですが、中年のサラリーマン風の人が「今日も日経平均下がってるよ、投信儲かってる時に売っとけばなー」、と語るとそのうちの一人が「俺も投信持ってるんだよ、どこで買ったんだい?」などの会話が聞こえてきました。
この下落相場ですから、どうやら皆さん儲かってはいないようです。
今まで近くで見知らぬ人が投資信託について話していることは聞いたことが無かったので、新鮮に聞こえました。
昨年は投信ブームといわれるくらい投信残高が増加しましたが、巷でこういう話を聞くとやっぱりそうなんだと思ってしまいます。
ただ本当に投資信託という金融商品を理解し、納得して購入している人は全体の何割くらいなのかな、とふと感じた一件でした。


Posted at 15:56:32 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月09日

頻繁な売買は避けよう

何回も書いていて又か、と思われる人には申し訳ありません。
2008年になってから、かなり大掛かりなポートフォリオのリバランスを行いました。
アセットクラスの見直しと投資信託から海外ETFへの乗り換えが主な作業でしたが、売買履歴を検証してみると売買手数料と為替手数料が大きな負担でした。
海外ETFの買い付けはちょうど楽天証券の手数料値下げキャンペーン中でしたが、やはりある程度まとまった金額をドカンと一度に購入した方が良いです。
世界同時株安真っ只中だったため、まだ下がるだろうとの思いから複数回に分割購入しましたが失敗でした。
為替手数料もバカになりません。
相場は誰も先を読むことが出来ないということを身をもって実感しました。
頻繁な売買は避けてバイ&ホールド、リバランスについても最小限に済ませることを学びました。

Posted at 16:30:06 | 投資信託 | コ:1 | ト:0

2008年02月08日

投信スーパーセンター 売れ筋総合ランキング

投信スーパーセンターの1月の月間総合ランキングで1位なのが、「年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)」です。
5位にも「PRU海外債券マーケット・パフォーマー」が入っています。
外国債券ファンドが健闘しています。
自分も「中央三井外国債券インデックスファンド」、「年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)」を積み立てていましたが、海外債券セクターはセゾンバンガードに切り替えました。
厳密いけばセゾンバンガードは株式50%、債券50%のバランスファンドなのですが。
実際には子供用のセゾンバンガードの積立額を増やした形です。
今年はポートフォリオの株式比率を上げるため、海外債券の積立を一時ストップします。
保有コストの絡みもあるので、シティグループ世界国債インデックスのETFがあれば乗り換えたいところです。




Posted at 23:45:48 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月07日

ポートフォリオのリバランス完成

今年に入ってからポートフォリオのリバランスをしていましたがほぼ完成しました。
具体的には投資信託からETFへのリレー投資と、日本株式の比率を低くしてエマージング諸国への投資比率を高めることです。
今回のリバランスでは海外ETFへリレーが多かったので買い付けコストは膨らみましたが、長期放置するので、保有コストのことを考えれば必要経費だと思っています。
あとはまた投信を定期的に購入してETFへのリレーの繰り返しです。
ポートフォリオの見直しを終えて改めて思ったことは、多くのインデックス投資家の皆さんが語っているとおり、インデックス投資は退屈だということです。
今回は入れ換えをした時期が市場の大幅下落が重なり、割とスリリングにETFの買い付けが出来たのですが、終わってみるとあとは相場を見るのみ。
でもこの荒れ相場でも平然としていられるようになったのも、インデックス投資家として少しは成長したのかも。(自画自賛ですいません)

Posted at 20:18:14 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月04日

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド運用報告書届く

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの第1期運用報告書が届きました。
運用報告書を読んでいくと世界の株式と債券にまるごと投資するなら、このファンド1本で充分なんだと再認識しました。
さらに長期で資産形成を目指すなら、セゾン・バンガードの積立額を増やすか、MSCIコクサイインデックスに連動したインデックスファンドを追加すればより大きなリターンを目指せるかと思います。
セゾンバンガードが設定されてからサブプライム問題で株式市場が荒れましたが、このファンドの下落がそれほどでもなかったのは、債券セクターが補ったのでしょう。
株式と債券というオーソドックスな組み合わせはポートフォリオ理論の基本なのだと考えさせられました。

Posted at 21:30:00 | 投資信託 | コ:0 | ト:0

2008年02月01日

住信SBIネット銀行からキャンペーンの入金

住信SBIネット銀行にログインしてみると、口座残高が増えていました。
「なんで?」と明細を見てみると、「口座開設キャンペーン 1,000円」の記載がありました。
キャンペーン目当てで口座を開設した訳ではなかったのですっかり忘れていました。
思わぬ臨時収入です。
SBIイートレード証券の口座をお持ちの方、住信SBIネット銀行の口座をお持ちの方はログインしてみてください。
キャンペーンの1,000円が振り込まれているかもしれませんよ。
もしかして知らなかったのは私だけ?

Posted at 21:24:18 | 日記 | コ:0 | ト:0

Clips

楽天証券でグローバル投資

海外ETFで世界中に投資!

投信ならマネックス

投資信託ラインナップ充実!

逆指値、ツイン指値のマネックス

株の本はAmazon

ぜひ読みたい一冊

Amazonセレクション

トレイダーズ証券で口座開設

今注目の「外国為替証拠金取引」「日経225先物・オプション取引」は トレイダーズ証券で!

上田ハーローでFX

インターバンク直結の外為オンライントレード

FXプライム

伊藤忠商事の100%出資により設立された外国為替専門会社です。

『選べる外貨』誕生!

かざか証券 詳しくはこちら!

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

投資、株の本は楽天ブックスで!

FXはセントラル短資で

NTTグループのFX

FX online

FXCM

外国為替証拠金取引ならFXCMジャパンへ

本の定期購読はこちら

セブン&ワイ

書籍の定期購読もできますよ。

track word

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

tag

  • seo

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。