スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2008年09月18日

この金融危機にLTCMの本を読み返しています

リーマン・ブラザーズ破綻、AIGの危機で一気に表面化したサブプライム問題による金融危機ですが、私自身、投資を開始してから、初めて経験する世界的な金融危機です。
97年の北海道拓殖銀行、山一證券等の破綻時は社会人になったばかりでしたが、投資、証券というものとは疎遠だったため、ニュースは見るものの実感は沸きませんでした。
今回のリーマンショックで、身を持って「金融危機」を実感しました。
弱小の個人投資家ですが、市場参加者として、インターネット、TV,新聞の経済、金融ニュースの見方が変わったのを実感します。
特にインターネットの発達はリアルタイムな情報を得ることができます。
大手ニュースサイト、掲示板、そして個人ブログまで情報の発信源として活用できます。
ネットが未発達な時代は、情報伝達の速度は当然遅く、金融市場への影響も現在より遅かったのではないでしょうか?
昨夜、偶然本棚にある一冊の本が目に止まりました。
最強ヘッジファンドLTCMの興亡」です。
                

ノーベル賞受賞者をはじめとする、メリウェザー率いる最強と言われたヘッジファンド・LTCMの興亡を描いた書籍ですが、ニューヨーク連銀、FRB,そしてゴールドマンサックス等の投資銀行、そしてウォーレン・バフェットのLTCMに対する行動、さらに当事者であるLTCMの面々について綿密に描かれています。
読んでいると、現在のリーマン、AIGについてのFRBや各金融機関の行動が良く似ている(あくまで想像に過ぎませんが)と感じます。
当時最先端の金融工学を駆使し、それにおぼれていった頭脳集団の世界の金融を揺るがした事件の一部始終を知ることが出来ます。
現在の金融危機にも通ずるところが多くあり、参考になる一冊だと思いますよ。
            
                  


スポンサーサイト

Posted at 17:53:27 | 書籍 | コ:0 | ト:0

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • スポンサーサイトこの金融危機にLTCMの本を読み返していますのトラックバックURLはこちら
  • http://vizar.blog44.fc2.com/tb.php/506-b4e8fc24
Clips

楽天証券でグローバル投資

海外ETFで世界中に投資!

投信ならマネックス

投資信託ラインナップ充実!

逆指値、ツイン指値のマネックス

株の本はAmazon

ぜひ読みたい一冊

Amazonセレクション

トレイダーズ証券で口座開設

今注目の「外国為替証拠金取引」「日経225先物・オプション取引」は トレイダーズ証券で!

上田ハーローでFX

インターバンク直結の外為オンライントレード

FXプライム

伊藤忠商事の100%出資により設立された外国為替専門会社です。

『選べる外貨』誕生!

かざか証券 詳しくはこちら!

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

投資、株の本は楽天ブックスで!

FXはセントラル短資で

NTTグループのFX

FX online

FXCM

外国為替証拠金取引ならFXCMジャパンへ

本の定期購読はこちら

セブン&ワイ

書籍の定期購読もできますよ。

track word

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

tag

  • seo

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。